江本手袋

0879-33-3165

上記電話番号をタップすると発信します。

営業時間 9:00~18:00
(土日祝を除く)

閉じる

晴れ時々手袋

未分類

『みのむしポーチ』ハンドソックスと幸せの入れ物


みのむしポーチって?


ハンドソックスの「入れ物が欲しい!」
このご要望にお応えするために作ったのが『みのむしポーチ』です。


手の平サイズでとてもコンパクト。


畳んで丸めてポンで簡単。


ショート、セミロング、ロング、全てのサイズのハンドソックスを収納できます。

他にも、メガネやコスメなどの入れ物としてもお使いいただけます。

≫オンラインショップで購入


【なぜミノムシ?】


江本手袋を創業した先々代は、近所の子供たちにミノムシを集めさせてお小遣いをあげていました。


その集めたミノムシは中の虫を取り出して、皮を割いて綺麗に洗い、丁寧にはぎ合せた生地で手袋を作って、大切な人にプレゼントしたそうです。


調べると、ミノムシは蚕(シルク)より丈夫で柔らかく、なめらかな肌触りの優しい風合いで、この素材で作った小物は縁起が良く「幸せが逃げない」と言われます。


また、みのむしの財布はお金が貯まるとも。


この『みのむしポーチ』で、あなたに幸運が集まるよう願っています。

≫オンラインショップで購入


【作り方】


ハンドソックスの入れ物として良く馴染み、色違いでコーディネートも楽しめるよう、全てハンドソックスと同じコットン素材と作り方で、同じ職人さんが丁寧に手づくりしています。


紐は手袋の飾りなどに使うテープ作りと同じ三巻縫いで長めに作り、バッグの持ち手などに結びやすくしました。


飾りの葉っぱは手袋を作るときの親指の穴から出る余り生地です。
(左右2枚取れるので葉っぱが2枚になっています。)


江本手袋の工房を見学された人は分かると思いますが、百数十年の手袋づくりの歴史の中で、この親指の穴から出る余り生地は使い道が無く、これまで捨てられ続けてきました。


この親指の余り生地を使うことができて、とても感慨深いものがあります。


是非、優しい肌触りの『みのむしポーチ』をお楽しみください♪