VOL .1

おばあちゃんへのプレゼント

「明日、おばあちゃんちに行くけど、いっしょに行く?」

 金曜日の夜、お母さんがキッチンから顔を出した。ちょうどパスタを茹で終えたみたいで、キッチンにはもくもくと湯気が立ち込めていた

「うーん、私はいいや」

 リビングのソファは、私の一番のお気に入りスペース。学校から帰ってきたら、まずはスマホ片手にここにおさまっている。

「おばあちゃん、海香子に会いたがってたよ」

 お母さんはそう言って、皿に盛りつけたパスタを運んできた

 おばあちゃんちは、近所だ。歩いて行くにはちょっと遠いけど、それでも車で20分ほどの所にある。小さい時は、おばあちゃんちに行こうと誘われれば「行く」と即答していたのに、いつからついて行かなくなったんだろう。行こうと思えば一人でも行けるくらい成長したからかな。学校の勉強とか、友達との遊びとかに忙しくなったことも理由の一つかもしれない。何にしろ、近年は一年に数度しか会わなくなっていた。

「また、近いうちに会いに行くよ」

 会いたくなったらいつでも会えるしね。私はいつも通り、こう答えた。

 その一か月後、おばあちゃんが入院した。

「軽い肺炎なんだけど、大事をみることにしたの

 お母さんは病院で必要な書類やコップやパジャマなんかをそろえるのに忙しそうだった。

 私もお見舞いに行って、お正月ぶりにおばあちゃんと会った。

「学校は、楽しい?」

 なかなか顔を見せない孫に怒ることもなく、笑顔で話しかけてくれたずっと見てきた、やさしい顔だった。けれど、驚いた。おばあちゃんって、こんなに小さい人だっけ。もっともっと、私がすっぽり入るくらい大きな人だったはずなのに。

「うん、楽しいよ」

 久しぶりすぎて、他に何を話したらいいかわからない。でも、黙っていっしょにお茶を飲んでいるだけで、何か会話できているような気がした。

 おばあちゃんは、すぐに退院した。お母さんからそれを聞いて、ホッと胸をなでおろす。

 これからは、たまには会いに行こう。一人でも、行こう。

そう決めたのに、いざとなると何か理由がほしくなった。

 そうだ。今月は敬老の日がある。何かプレゼントを持っていくのはどうかな。おばあちゃんは冷え性だから、手袋がいいかもしれない。何色がいいかな。見たら元気になれる色がいいよね。それなら赤がぴったりかも。単に私が好きな色ってのもあるけど。

 私はいつものソファに正座し、スマホを見つめる。

おばあちゃん、喜んでくれるかな。

「佩」とは

佩(ハク)とは、江本手袋が「喜び合える手袋づくり」を目指して取り組む手袋ブランドです。

職人を守り育て、地域の手袋づくり文化を未来へと受け継いでいくために、扱う素材、デザインの考え方、色展開、つくる量、手袋職人の社会的地位、そして地域との関係性など、これまでの手袋づくりの全てを見直しました。

江本手袋に勤める65歳の職人は、中学卒業からずっと手袋を作り続けています。

佩は、このような本物の職人たちの手仕事をお届けします。

佩はこちら →

他のストーリーを読む

VOL .24

冒険者達

VOL .9

第一回お祝い会

VOL .21

汚れても大丈夫