VOL .7

手袋を仕立てに

手袋の専門店に来たのなんて、初めてだった。いちげんさんお断りとかだったりしたらどうしよう。などと頭によぎったけれど、勇気を出して店内に足を踏み入れる。だって、この店に来るためだけに3時間かけて香川県にやってきたんだから。

 大抵の日用品は、スーパーや100円均一で買える。手袋もその一つだ。

 でも、私が目指す大人の女性は、理想の女性は、どこででも手に入りそうな物ほどこだわり抜いて選ぶんだ。そうやって、自分らしさを醸し出すんだ。もう40代だけれど、私はこの手のことは今まで全く気にしてこなかった。

 朝晩どころか日中も随分と冷え込んできて、明日にでも冬が迫ってきそうな今日この頃。自分史上、一番遅い衣替えをしていたら、毛玉だらけの手袋を発見したのだ。よく見ると、親指の付け根部分には小さく穴が空いていた。というわけで、新しく手袋を探すことにしたのだ。

「どうぞ、手にはいてみてください」

 お店の人の声に、私はドキドキしながら小さくうなずく。けれど、何十種類もの色の手袋を前に、どれから試そうかと迷ってしまった。

「ご希望の生地やサイズで、オリジナルの手袋をお作りすることもできますよ」

「オーダーメイドってことですか」

 お店の人の笑顔に、気が付いたらもう「お願いします」が口から飛び出していた。

 それから、私だけの手袋作りが始まった。

 どんな手袋にするか、お店の人はいろいろと提案してくれた。指の長さだけでなく、手首の長さも調整できるらしい。また、手の甲と掌とで生地の色も変えられるとのこと。

 驚いたのは、お店の横の工房で、すぐにオリジナル手袋を仕立ててもらえたこと。しかも、生地を裁断し、縫うところまで全部見せていただけた。手袋を縫うミシンって、あんなに小さくてかわいいんだ。職人さんの仕事は何一つ無駄な動きがなく、洗練されていた。裁縫どころか針に糸を通すことさえ苦手な私だけれど、それはわかった。そして、高級レストランには入れないような恰好で来てしまったけれど、どこかのお嬢様にでもなったような、とてつもなく贅沢をしているような気持ちになった。あ、もうお嬢様って年じゃないか。

 できあがった手袋を、早速はめてみる。手の甲は深緑で、掌はベージュ。冷え性なので、手首の部分を少し長めにしてもらった。

「何だか、手がきれいに見えますね!」

 なんて、こんなことを口走るほど、手袋は私にフィットしていた。

「気に入っていただけて、よかったです」

 お店の人の言葉に、私は大きくうなずいた。

 来た時はあんなにドキドキして縮こまっていたのに、今は前からの知り合いのようにお店の人や職人さん達と笑っていた。

冬が来るのが待ちきれないな。このすてきな体験をいつも傍に置けるんだから。

「佩」とは

佩(ハク)とは、江本手袋が「喜び合える手袋づくり」を目指して取り組む手袋ブランドです。

職人を守り育て、地域の手袋づくり文化を未来へと受け継いでいくために、扱う素材、デザインの考え方、色展開、つくる量、手袋職人の社会的地位、そして地域との関係性など、これまでの手袋づくりの全てを見直しました。

江本手袋に勤める65歳の職人は、中学卒業からずっと手袋を作り続けています。

佩は、このような本物の職人たちの手仕事をお届けします。

佩はこちら →

他のストーリーを読む

VOL .26

ホワイトデーのプレゼント

VOL .2

ハンドソックス友達

VOL .5

傷心動物園