blog

SOEL(ソエル)について

SOEL(ソエル)について

アイテム

瀬戸内のものづくり

香川県東部の地場産業である手袋製造が始まったのは1888年(明治21年)と言われ、先人たちの努力と志で日本一の手袋産地になりました。

その130年の歴史のなかでバッグやシューズ、刺繍など様々な繊維製品のものづくりメーカーが生まれ、現在も続いています。

今、地域の”ものづくり”を守るために、江本手袋は「佩(ハク)」に取り組んでいます。

そして、同じ地域、同じ思いで”ものづくり”に取り組む仲間のアーバン工芸から、新しいブランド「SOEL(ソエル)」が発表されました。

「SOEL」のコンセプトは、「今日、きっと楽しい1日。」

SOELは太陽を意味します。彩り豊かなバイカラーレザーで日常のお出かけに彩りを添え、いつも私たちを照らす太陽のように、心をあたたかくするアイテムをお届けします。

身近で手頃な価格としながら、こだわりの上質な素材と職人の丁寧で心のこもった手仕事。

そして、カラフルで優しい色合い。

これからは、「佩(ハク)」とのコーディネートを楽しむアイテム『SOEL(ソエル)』も、よろしくお願いします。

▼SOELのバッグを見る

https://hacsetouchi.thebase.in/categories/3540879

お問い合わせ

ご質問・ご相談がございましたら、
お気軽にお電話か、
下のメールフォームにてお問い合わせください。

0879-33-3165

contact